真性包茎と嵌頓包茎はどちらの方が重症か?

真性包茎と嵌頓包茎はどちらの方が重症か

真性包茎と嵌頓包茎はどちらの方が重症か?

 

真性包茎と同様にカントン包茎も健康保険の適用が受けられる治療ができます。

 

総合病院の泌尿器科で真性包茎とカントン包茎は治療することができます。

 

真性包茎とカントン包茎ではどちらの方が重症な症状なのでしょうか?

 

真性包茎は最初から亀頭を露出することができないため無理に剥くこともできません。

 

しかし、カントン包茎は包皮が亀頭を露出することが出来るかできないかくらいの微妙な皮の伸び方をするので、ペニスを平常時に剥いても少々キツイが剥くことができます。

 

しかし、包皮が亀頭を締め付けている感があり痛みを感じます。

 

それどころか、締め付けが強い場合は、血液の循環ができなくなり、亀頭が紫色に変色して血が通わなくなってしまいます。

 

もし、この状態でペニスが突起した場合は想像がつくとおもいますが、大変なことになってしまいます。

 

そのようなことから考えても真性包茎よりもカントン包茎の方が重症な症状であるというのが私の見解です。

 

どちらにせよ、包茎の治療は思い立ったら早めに始めるのが得策です。

 

 

 

 

iPadから送信=

 

 

ただし、この包茎専門のクリニックも保険適用が出来る病院並みに料金も安くなってきてますので、昔に比べれば仮性包茎の手術も受けやすくなっています。

 

包茎手術で保険が適用できるかできないかを簡単に理解するには、病院と美容整形クリニックという風に分けて考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら