NHKで放送されるほど包茎は男子の悩み

NHKで放送されるほど包茎は男子の悩み

2017年4月25日に NHK 総合テレビの情報番組で「包茎」についての題材で番組が放送されました。

 

放送された番組は「ごごナマ」という番組で、若者が「包茎」や「童貞」で悩んでいることに対して相談を受けながらアドバイスを送るというような番組です。

 

番組の中では、芸能人や著名人のゲストが出演しています。

 

年齢層は高めの大人なゲストなので冷静に若者の相談に対処出来るという印象です。

 

若者から寄せられる包茎での悩みの相談に対して、若者を安心させるような的確なアドバイスを真剣に回答している姿が非常に好感の持てる番組でした。

 

ただお堅いイメージの NHK が行うには、賛否両論あるテーマだったのではないかと思います。

 

実際に番組が放送された午後3時以降には、 Twitter などでNHK がやったことに対して戸惑いの声が寄せられていました。

 

 

 

 

 

「包茎」で悩んでいる若者が多いのは、時代が変わったせいもあるのでしょうか!?

 

一昔前までは、「包茎」などは公に語るものではなかったように思います。

 

私たち40代が子供の頃は、おしっこの飛ばし合いで誰が一番遠くまでおしっこを飛ばすことが出来るか、そんな遊びをしている時に、陰茎の皮をむき、より遠くに飛ばすということを覚えて、子供ながらに無意識のうちに「包茎」を解消していたように思います。

 

小学校も高学年になると、陰毛が生え始めますが、陰毛が生え始めるよりも前に「包茎」は解消していたように思います。

 

もしも、「包茎」のまま大人になっているとしたら、子供時代の「おしっこ飛ばし」が足りなかったのではないかと思ってしまいます。

 

仮に「包茎」だったとしても、周りに迷惑をかけるわけでもないし、実際今言われていることは、世界中の人口で6割以上が「仮性包茎」と言われています。

 

ということは・・

 

包茎の方がスタンダードであると考えていいのではないのかと思います。

 

自分自身が後ろめたさを感じないことが、何よりも大切なことです。

 

包茎を治療したければする。

 

そうでなければ気にしないようにする。

 

どちらでもいいので自分の納得するようにすることが一番です。

 

ただ、包茎の手術をするのであれば早めにあったほうがいいのはいうまでもありません。

 

悩んでいても何も解決しませんし、決めたら即行動が残りの人生を自分が納得して生きることに繋がります。

 

この NHK の番組で「包茎」を克服しようと思った人はかなりの数いたことだと思います。

 

茶化すのではなく、このように本気で性の悩みと向き合うことが出来る番組はなかなかないので、時々でもいいので、こういった話題を取り上げて欲しいと思っています。

 

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら