包茎に対する女性の認識を解説

アメリカの包茎事情

日本人の包茎の人の数は男性の人口の60%〜70%位と言われているのはご存じだと思います。

 

これだけ多くの包茎の人がいれば、包茎の方がスタンダードな感じがしますが、当事者にとってみればこれは一大事な悩みです。

 

日本人だけに包茎が多いような気がしますがその他の国ではどのようになっているのでしょうか?

 

日本人の多くが憧れている国のアメリカではどうなっているのかを解説していきます。

 

アメリカでは割礼の習慣があります。

 

割礼とはなにかといいますと、包皮の皮を切除する事を言います。

 

実はアメリカでは男性の人口の60%は幼少時、または生まれた時にこの割礼の儀式を行っているのです。

 

ですからアメリカ人には包茎がほとんどいないというわけです。

 

ですが、いくら生まれたてで記憶が無いと言えど皮をバッサリと切るのは恐ろしいですね。。

 

とは言っても、割礼の儀式をしているのはアメリカだけではなく、宗教の関係上で行っている国も多々あります。

 

ユダヤ教やイスラム教も割礼をおこなっているそうです。

 

国でいえば南アフリカの方でも割礼は習慣的に行われているようです。

 

すこしだけ、安心要素として言えるのは日本人には割礼の習慣がないので包茎の人の人口が多いということです。

 

日本もアメリカや諸外国のように割礼の儀式が習慣的に行われていたら包茎で悩む人が少なかったかもしれませんね?!

 

ですが、痛いのだけは嫌ですけど・・・

 

そのてん今では、包茎を治療してくれるクリニックでは痛みもほとんどなく治療できるのですから、私たち日本人の方が幸せかもしれませんね。

 

 

管理人一押しの仮性包茎解消器具

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら