包茎手術の保険適用医院と不適用医院の違い

包茎手術の保険適用医院と不適用医院の違い

包茎手術には保険の適用できる医院と適用できない医院があります。

 

どうして保険が適用できる医院とできない医院があるのか解説していきます。

 

どうして包茎手術を受けるのに、保険が使える医院と使えない医院があるのか気になりますよね?

 

実は、包茎手術においては、美容整形手術なのか、治療的手術なのかで保険適用かどうかが変ってきます。

 

どのような包茎手術の場合に保険適用なのか?

 

それは、包茎手術を行わないと日常生活に不便が出る場合は保険が適用になります。

 

ではどういう状態なのか説明すると、人間の繁殖を司る行為、つまりセックスができない状態のペニスであった場合には保険が適用となります。

 

これは、包茎を治すことによって日常の生活に戻ることができるという医療行為として考えられます。

 

病気を治療するということなので保険が適用になります。

 

そのような包茎とはどういう状態の包茎かといえば、真性包茎カントン包茎が対象になります。

 

真性包茎 カントン包茎

 

病院で真性包茎と診断されれば保険適用の手術を受けることができます。

 

続いて、保険が適用されない医院での包茎手術とはどういうものなのかというと、それは仮性包茎の手術です。

 

仮性包茎

 

仮性包茎は、真性包茎やカントン包茎と違い、病気として認められていません。

 

同じ包茎でも、仮性包茎はセックスする事は可能です。

 

人間の生殖能力を脅かす原因になるような事はありません。

 

突起すれば包皮は剥けて亀頭が出てくる状態ですから病気として認められないわけです。

 

仮性包茎をきちんとした露茎にしようと思えば、美容整形手術を受けなければなりません。

 

ご存知の通り美容関係の手術には保険が適用されません。

 

どうしても仮性包茎を手術で治したい人は包茎手術専門のクリニックで施術を行うことになります。

 

ただし、この包茎専門のクリニックも保険適用が出来る病院並みに料金も安くなってきてますので、昔に比べれば仮性包茎の手術も受けやすくなっています。

 

包茎手術で保険が適用できるかできないかを簡単に理解するには、病院と美容整形クリニックという風に分けて考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら