包茎手術の傷跡について

包茎手術の傷跡について

包茎手術で傷跡を残さないようにするための基礎知識

 

 

 

 

包茎手術を行うにあたって心配なのが術後の傷跡です。
どのような症状で、どのような治療を行ったかで術後のペニスの状態は変わってきます。
傷跡の残らない綺麗な仕上がりになるように基礎知識をつけて包茎手術に挑みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真性包茎を治療しようと思い、健康保険も適用できて安く包茎手術ができる泌尿器科で手術を行ったとします。

 

まず、真性包茎とはどのような状態の事かといいますと、亀頭が露出することが出来ずに、性生活を営むことが困難な状態であるというのが大まかな定義です。

 

性生活を営むことが出来ないという事は、子孫繁栄を行うことが出来ないということであり、真性包茎は病気として考えられているので健康保険が適用になるわけです。

 

健康保険が使えて包茎手術が出来る病院は泌尿器科になります。

 

泌尿器科での包茎手術は、機能を改善することが第一の使命ですので、亀頭が露出できる状態を作り上げ、性生活を営めるようにすることが最優先事項です。

 

ですから、ツートンカラーのペニスになったりミミズが這ったような傷跡が残ったりなんていうことが多々起こるわけです。

 

医者としては、文句なく機能の改善を果たしているので手術自体は成功です。

 

しかし、手術を受けた患者側としては、はたして満足のいく手術を受けられたのかどうかということに疑問が残ります。

 

今後、男同士の裸の付き合いもあるでしょうし、セックスをする機会もあることでしょう。。

 

しかし、そのような傷跡が目立ったままだと、包茎手術をしましたと言わんばかりで、真性包茎だった時と同じくらいペニスを隠したくなる気持ちになってしまいます。

 

真性包茎を機能的な事だけ改善するので満足するのであれば、泌尿器科での包茎手術は値段も安くきちんとした泌尿器科の医師が執刀してくれるので安心です。

 

しかし、術後も傷跡が目立たないように綺麗に仕上げる技術を持っているのは、やはり包茎クリニックの医師たちの方が技術的に上ではないかと思います。

 

年間に多くの包茎手術を行っているので、様々な症状にも対応してくれますし、何よりも傷跡が目立たずに綺麗な仕上がりに仕上げてくれます。

 

真性包茎だけしか健康保険の適用がない泌尿器科。

 

包茎の種類を問わずに包茎治療を行っている包茎クリニック。

 

どちらを選んでも自己責任です。

 

良く考えてから選んでくださいね。

 

PS・最近は包茎クリニックも値段が安価になってきました。
健康保険の適用はありませんが、かなり安く出来る包茎クリニックもありますので参照してみてください。

 

>>比較的安価だけど安心して包茎手術が出来る病院を徹底解説

 

 

 

 

 

 


ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら