キトー君で真性包茎を治療した体験談5

キトー君で真性包茎を治療した体験談5

私は長い間、真性包茎である事に悩まされてきました。

 

見た目もそれほど悪くなく、性格も明るい事から、好意を持ってくれる女性は多かったのですが、体の関係を持った途端、相手から絶句されてしまう事もありました。

 

真性包茎は見た目も問題ですが、何より不潔で臭いのが悩みの種でした。

 

一度病院へ行って相談してみようかと思いましたが、何となく人に相談するのは恥ずかしいという思いもあり、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

 

そんな時、たまたまネットを見ていた時にキトー君 という真性包茎改善グッズの存在を知りました。

 

包茎は包皮口を広げるトレーニングによって自分で治すことができ、泌尿器科や美容外科クリニックなどで手術を受ける必要もないと商品説明されていました。

 

見た目はいかにも治療器具といった印象で、「痛くないのだろうか?」「傷がつかないだろうか?」と不安はありましたが、返金保証制度がついているのは、この商品の自信の表れだと感じました。
そこで思い切って、私もキトー君と使っての治療を始める事にしたのです。

 

ちなみにキトー君は2種類あって、私はストッパーが付いてるDX版を購入しました。

 

キトー君の役割は、狭くなっている包皮口に器具をいれて、グリップを握って皮を広げてあげる事になっているのですが、1日30分を目安にトレーニングしなければいけません。

 

30分もグリップを握り続けるのはいろいろと不便を感じるため、少し割高にはなりますが、DX版が便利だと思いました。

 

使い心地ですが、最初はなかなかコツが掴めず悪戦苦闘していました。

 

先端部が亀頭にあたると痛みを感じるため、亀頭に触れないように包皮口に引っ掛けるのが難しかったです。

 

引っ掛けるのに成功すると、あとは30分広げた状態を維持するだけなので、改めてストッパーは役に立ちました。

 

人に見られると恥ずかしい光景ですが、私はキトー君でトレーニングをしている間は読書をしたり、ゲームをしたり、テレビを見るなどして過ごしていました。

 

広げる段階も自分のペースに合わせられるのですが、最初は第一段階、痛みを感じなくなったところで第二段階、第三段階とステップアップしていきました。

 

使い始めて順調に進んでいき、2週間後には第4段階へと突入出来ました。

 

ここまで来ると、楽に包皮口が広げられるようになり、中から亀頭が見えてきました。

 

3週間後に思い切って皮を剥いてみたところ、亀頭とともに、強烈な臭いがする垢のようなものが取れました。

 

こんな臭いをずっと溜め込んでいたかと思うとゾッとした気持ちになり、また歴代の彼女達にも申し訳ない気持ちになりました。

 

ようやく出てきた亀頭を洗うとかなり痛みが強かったですが、今後はこのように洗って清潔に出来ると思うと嬉しかったです。

 

結局私は1か月使ってみて、自分で簡単に皮が剥ける状態まで持っていく事が出来ました。

 

いわゆる仮性包茎の状態ですが、真性包茎に比べると悩みも少なくなり、その効果に大満足です。

 

病院で治療を受ける必要もなくなり、費用面でも得をした気分です。

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら