キトー君で真性包茎を治療した体験談1

キトー君で真性包茎を治療した体験談1

包茎は陰茎の亀頭部分に皮を被った状態で、亀頭が見えているものは仮性包茎、完全に見えないのが真性包茎ですが、包茎が良くないのは、皮と亀頭の間に垢が溜まりやすく、清潔にしておかないと炎症を起こしやすく、将来ガンになる可能性もあるからです。

 

また包茎で垢が溜まりやすいので、パートナーとの性交時に自分もですが相手側も炎症を起こしやすくなりますし、垢が溜まると臭いもしますので嫌われものになってしまいます。

 

陰茎の長さが短い日本人に多く見られます。

 

思春期になると治したいと思いますが、どうしたら良いかが分かりません。

 

泌尿器科などで手術で治す方法もありますが、病院に出向く面倒と恥ずかしさで敬遠してしまいます。

 

他に何か簡単にできる、そんな都合の良い方法があるのかと調べてみましたら、あるんですねこれが。

 

名前がキトー君と言って、そのものずばりのようなネーミングですが分かり易いです。

 

キトー君の仕組みは簡単で、皮と亀頭の間に器具を挿入して広げるだけ。

 

そんな方法で包茎が治るのと怪しんでおりました。

 

ピンセットに似た行動ですが、取っ手を握り締めると、皮と亀頭の間に入れた先端の小さな球体が開きます。

 

皮を広げる感じですが、これを毎日行います。自読して持とうと思うと手が疲れますから、ストッパー付きが便利です。

 

実際これがあったので、支えておくだけで楽です。一回30分しようと書かれていましたので、床に座った状態で、器具を固定して安楽な方法で行いました。

 

4cm位は横方向に広げられますが、最初は少なめが良いです、最初だけちょっとだけ引っ張られて痛いですから。

 

これを毎日欠かさず行います。

 

広げる長さは徐々に増やしていきます。

 

ストッパーのギザギザの位置を覚えておくと便利です。

 

1週間続けると亀頭の大部分を覆っていた皮が輪状に広がり、亀頭が少し露出する状態になりました。

 

これは行けそうと思う瞬間です。

 

結構早いと思えるくらいで、自分の部屋で内緒でしている恥ずかしさも忘れてしまいます。

 

2週間目には、かなり亀頭が露出してきましたが、風呂場で洗うと結構痛いです。

 

効果は出てきているので辛抱です。

 

3週間経過すると、いわゆる平均的な仮性包茎くらいの状態にはなりました。

 

勃起すると完全に亀頭が出ますので、ここで中止しても良いのですが、出来るところまでやってみようと思いました。

 

一ヶ月経過すると、やや仮性包茎状態になり、風呂場で洗っても痛みがなくなりました。

 

これなら平均的日本人に近いかそれ以上かもと思います。

 

ほっと一息付けました。

 

彼女が出来ても真性包茎なら逃げ出してしまうでしょうから、これで安心して結婚も出来るでしょう。

 

キトー君の器具がやや高めの金額(1万円ちょっと)ですが、素材がしっかりしているので、そんなものかなあと思いました。

 

プロ用の器具と同じ種類に入るのでしょう。

 

軽度の仮性包茎の方には必要ない製品ですが、重度の仮性包茎や癒着していない真性包茎には効果があると感じました。

 

説明書では癒着している真性包茎には使えないとありましたので、その場合は手術を選択するしかないと思いますが。

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら