包茎治療は早めがお得

管理人が包茎治療をしようと思ったきっかけ

ある後輩からの「博多山傘に参加しませんか?」
という一言が私の仮性包茎コンプレックスを加速させたきっかけです。

 

私は現在福岡市に住んでいまして福岡には全国的に有名なお祭り「博多山傘」と言うものがあります。
私は後輩の誘いを断る理由もなく参加を承諾しました。
博多山傘にはいくつもの『流れ』という町内で形成されているグループがありそれぞれの流れには詰め所がありそこで男衆は私服からお祭り用のハッピや〆込(ふんどし)地下足袋などに着替えます。

 

そこで悲劇は起きました・・

 

お祭りの詰所には女衆がおにぎりやらお茶の用意などしてくれるのですがそんな中でお祭り男たちは堂々と素っ裸になりお祭り用の衣装に着替えます。

 

私たちははじめての参加で〆込(ふんどし)のしめ方も解らずにうろたえていると一人の取締役という『流れ』を運営する役職の人がきて〆込を巻くのを手伝ってくれました。

 

〆込を巻いてくれている途中にその取締役の奥さん(推定50歳前後)が私達におにぎりを持ってきてくれました。

 

そして〆込を巻いてもらっている私の下半身を見て「あら〜かわいかむすこさんばもっとんしゃ〜」と博多弁で・・・
これを標準語に訳すと「あら、可愛い(皮のかぶった子供のような)ちんちんがついてるね」と。

 

「ガーン」

 

有る程度年齢の行っている女性の方なので悪気は微塵にも感じられませんでしたが私にとってはすごいショックでした。

 

自分でも仮性包茎だというのは解ってました。
でもそれほど深刻には悩んでませんでした。

 

だって普通にセックスだって出来るし・・
日本人の40%位は仮性包茎だし・・
手で剥けば剥けるし・・

 

と思っていましたが取締役の奥さんの一言で

 

もしかしたら

 

後輩も私のペニスを馬鹿にしてるのではなんて思うようになりそれ以来なんとなく銭湯やサウナに行くのもなんとなく遠ざかり・・
トレーニングジムに行ってシャワー後のサウナでも他の人は堂々と下半身を晒しているのにタオルで隠すようになり・・
もしかしたら彼女(現在は嫁さん)も馬鹿にしているのかとか・・

 

余計な事を考えるようになりました。

 

私は性格上思い立ったら行動が早くすぐにネットを使ってありとあらゆる包茎治療が出来る病院を探しました

管理人幸之助が包茎治療を受けた医院

管理人の幸之助が包茎で悩んで悩みぬいた末に選んで包茎手術を受けた医院は

 



 

ABCクリニックです。

 

ABCクリニックで治療を受けてみようかなぁ・・

 

と思っている方は管理人が解説している『ABCクリニックの包茎手術・治療を徹底的に解説!』を参照してください。

 

ちょっと待って!真性包茎を解消したい人はまずこれを!

真性包茎で悩んでいる方には絶対的に朗報です!
7日間使用して真性包茎に変化が見られなかった場合は全額返金制度あり!
さらには、変化がなくて包茎手術を受けようと思っているならば、手術代金も全額支払ってくれる制度もついています!
イギリスの泌尿器科でも使用されていて、切らないで包茎治療が出来る器具として全世界で販売されています!



>>キトー君で真性包茎治療した人達の生の体験談はこちら


管理人が包茎治療をしようと思ったきっかけ関連ページ

大満足な包茎手術と少しの後悔